あまりにも幅が有り過ぎる映像の制作費

動画は相場が出せない難しい業界

映像の制作費はいくらかかるか、知りたい人がたくさんいるにも関わらず、どうしてもその答えが出ないのはあまりにも幅が有り過ぎるからです。ものすごく乱暴にまとめてしまうと、現在、映像制作費の相場は10万円~300万円くらいと言えるでしょう。これでは差額がありすぎて、逆にどう考えればいいのかわからなくなりますよね。とは言え、これでは各制作会社も商談にならないので、なんとかテンプレートを用意してメニュー化を始めています。それを見ると、安いプランで10万円~30万円、その次は~70万円、その上が~100万円、そしてそれ以上という段階になっているようですね。

値段に差があり過ぎて判断がつかない時は

ざっくり見積りを取ると、前述の通りとても判断がつかない幅になります。相場はあってないものなので、検討するには内容をしっかり見るしかありません。これはたとえ5分間の会社紹介動画を作る見積りだったとしても、出て来る金額は10万円から300万円になっても不思議はないからです。鍵を握るのは費用の内訳ですが、細かい項目など素人が見ても判断がつかないかというと、実はそんなことはありません。制作費の内容は、主に機材のコストと人件費だからです。これなら業務を行っている社会人なら、誰でも理解出来ますよね。

企画から納品までどこにどれだけかけるのか

映像を作る費用を検討するなら、なるべく具体的で細かい項目まで指定して見積りを数社から取り、内容をひとつひとつ検討する必要があります。全部一括でどんぶり勘定が出来れば簡単なのですが、なかなかそうもいきません。極力安くしたいなら、まず出来る部分をなるべく自分たちで行って、人権費を減らすことです。後は機材のグレードを下げるしかありませんが、機材レベルは仕上がりに大きく影響するので、安易に下げるのはリスクがあることを知りましょう。例えば結婚式に流すもの、送別会で分かれる人へのプレゼントなど、個人レベルで完結するものであれば、それこそ数万円でも可能でしょう。でも企業イメージや商品イメージに関わるようなものなら、やはりかけるべき費用はかけて制作しなければ、意味がなくなってしまいます。幸いなことに、最近は企画、撮影、編集までごく少数人でこなしてしまう精鋭企業も登場して来ています。例えば社長がディレクターで企画も演出も編集もこなしてしまうマルチな人材といった感じの企業ですね。そういうところを見つけられれば、かなり安く、しかもクオリティの高い動画を作ることも可能でしょう。安易に大手なら良いという時代でもないのは確かです。